通常エコーとの違い

このサイトでは、ポータブルエコーの用途を解説し、通常のエコーと機能は違うのが説明されています。
ポータブルのエコーはレンタルがお得なことにも言及されており、その理由について説明があります。
同エコーの値段に関しても詳しく書かれており、購入の際の参考にできます。
また、コロナ禍における同エコーの需要について記載があるので、今後の医療体制の参照にできるのもメリットです。
加えて、同エコーの点検方法に関して紹介されており、機器購入後のメンテナンスに役立てることができます。

ポータブルエコーの用途を解説!通常のエコーと機能は違う?

ポータブルエコーの用途を解説!通常のエコーと機能は違う? ポータブルエコーは、訪問診療やプライマリケアなど簡易診断が必要な用途で活躍しています。
同エコーを使えば、診察しながらリアルタイムで体内の状態を知ることができます。
それ故、理学的な見地から推定した判断が、適切なのかどうかを直ぐに分かるのがメリットです。
特に高齢の患者の場合は、触診や聴診器での判定がつきにくいケースが少なくありません。
それに対してポータブルエコーを使えば、用途に応じて迅速に診断を下すのに有効です。
何よりも同エコーはコンパクトなので、携帯に便利なのが大きなメリットです。
当機器は余分な機能が省略されており、用途に応じて使い勝手が良いのも特徴の一つです。
大型のエコーをフル活用するのは難しいですが、ポータブルエコーならフル活用できます。

ポータブルエコーなら穿刺のときに使いやすい?

ポータブルエコーなら穿刺のときに使いやすい? 穿刺は見えないところに狙って針を刺さなければいけないので、とても神経を使います。
不適当な部位を刺しているようでは、無意味であるだけでなく、患者に不要な痛みを与えることになってしまいます。
そうならないためには、しっかりと見ながら、適切な部位まで針の先端を誘導することが重要です。
それを簡単にできるようにするのが、ポータブルエコーの存在です。
ポータブルエコーは持ち運び便利な超音波画像診断装置なので、どこでも体内の組織を見るとができます。
電源の接続なしに使えるので、取り回しが便利です。
患者の近くにおいて見ながらできれば、自由な姿勢で行うことも可能です。
無理な姿勢で針を刺すことは患者にも負担ですが、早く終わらせなければと言うプレッシャーで医師の方にも負担になります。
特にワイヤレスのプローブが使えるようなものであれば、より自由に使うことができます。
画像診断は向きも重要なので、自由に取り回しができることはとても重要です。
画面と観察部位の制限ができるだけないことが使い勝手の良さに繋がります。
画像の良さと併せて、使いやすさも機器選定の要因に含めた方がいいでしょう。
一度でも楽に使える事がわかると、手放せなくなるはずです。

画像診断装置の長所

ポータブルエコー

新着情報

◎2021/9/14

サイト公開しました

◎2021/5/31

サイト公開しました