ポータブルエコーの需要

ポータブルエコーの需要

ポータブルエコーの需要 ポータブルエコーは在宅で使える医療器具です。昔よりも小型化していますし、持ち運びしやすいサイズになっています。医療の現場で使われているものと大差ないレベルの高性能なポータブルエコーもありますし、知識がない初心者でも簡単に操作できる使いやすいポータブルエコーもあります。
今までであれば病院に行って診察を受けるのが当たり前でしたが、コロナ禍では気軽に病院に行くのは難しいです。コロナ感染対策をする意味でも自宅で使えるポータブルエコーは非常に有効です。病院であれば待合室が混雑することもありますが、自宅であれば混雑するリスクはありません。移動する必要もないので電車やタクシーに乗る必要もありません。今度在宅で使用可能な医療器具の需要はどんどん増していきますし、必要不可欠なものになります。
病院まで距離が遠いところに住んでいる人は普段の体調確認を自分で行うことが可能になるので、自宅にある程度の医療器具を揃えるのはありです。

ポータブルエコー販売の市場はどうなっているのでしょうか

ポータブルエコー販売の市場はどうなっているのでしょうか ポータブルエコーが発明されたのは地球の裏側のアメリカです。アメリカでも日本でも同じような状況ですが、超音波で測定するので、とても安全な検査方法ということです。例えば妊産婦の胎児の健康状態を調べるのによく使われています。
またよく使われているのが、お酒を飲む機会の多いサラリーマンの肝機能の状態をチェックすることです。そのためにエコー検査がよく使われるようになりました。血液検査で肝機能の異常が見かけられた人達は、次の段階としてエコー検査をしなければなりません。その状態は現在もまったく同じです。
ポータブルエコー販売の市場はどうなっているのでしょうか。まず言えることは、このマーケット自体がまだ狭い市場であるということです。価格に絞って調べてみると、ポータブルエコー一組で30万円のものが一番多いです。
もう一つの会社のものは一組で16万円程度ですが、その品質の確かさがまだ分かりません。いずれにしても実際に使ってみないことには、わからないということです。

新着情報

◎2021/9/14

サイト公開しました

◎2021/5/31

サイト公開しました