通常エコーとの違い

ポータブルエコーはレンタルがお得

ポータブルエコーはレンタルがお得 これまでのエコーは専用の検査室が必要になるほどの大型の機器であることが多く、設置スペースを用意する必要があるばかりではなく価格も相応のものでした。
さらに技術は日進月歩で、ほんの数年前までは誰もポータブルエコーがここまで普及するとは誰も考えてなかったはずです。
毎年のように検査精度や耐久性、バッテリーの持ちなどが強化された新モデルが登場し、その度に減価償却が終わってないにも関わらず古い機種を廃棄するコストをかけ、決して安くはない機器を毎回新たに購入するとなると莫大な購入費やメンテナンス費がかかってしまいます。
そんな時は、安価に利用できるレンタルのポータブルエコーを利用するのがおすすめです。
常に最新のモデルが提供されているので機種変更の手続きを行うだけで済み、イニシャルコストとランニングコストを大幅に削減することが可能です。
これにより、お得な料金で常に最新鋭のポータブルエコーによる検査態勢を確保することが実現します。

通常のエコーと比較して安価なポータブルエコー

通常のエコーと比較して安価なポータブルエコー エコーとは超音波という光線を用いて体表から見ることができない体の内部を観察するために用いられます。
通常のエコーは病院などで備え付けで置いてある大型の物で、より詳しく体の状態を把握して、正確な診断を下す必要性から高性能であり機能も多様で、一台数百万円と非常に高価です。
ポータブルエコーは通常のエコーと比較して数十万円程度と安価で、コンパクトであるため持ち運びが可能な点が利点として挙げられます。
小型のため機能や性能は通常のエコーと比較して限定的ですが、患者様の自宅などエコーでの検査が難しい場所で検査できるため、画像でないと見つけることが難しい病気の発見や、患者様への病気の状態を説明する際の資料として用いることができます。
訪問診療などでは一度に複数のスタッフが診療に向かうため、高額な機器ではスタッフ全員に行き渡りませんが、ポータブルエコーの場合はスタッフ1人に1台持って診察することを可能にします。

新着情報

◎2021/9/14

サイト公開しました

◎2021/5/31

サイト公開しました